一軒家

強度の高い住宅

北欧住宅は、強度が高く寿命が約80年と長いため、日本でも需要が高まっています。具体的には、壁や床や天井が厚みのあるパネルで作られている上に一体化しています。そのため衝撃に強く、さらには遮音性と断熱性と耐火性とが高いのです。自然素材も多く使われているため、ナチュラルな魅力もあります。

定住するには最適な街

女性

これからの発展も見越して

滋賀県草津市は、琵琶湖の南東岸に位置している。東海道本線を利用すると京都まで30分、大阪まで70分程度で行くことができるベッドタウンとなっている。かつての東海道と中山道が分岐する交通の要衝は、現在でも国道1号と国道8号が分岐する。また、近くには名神高速道路の栗東インターチェンジがあり、名古屋や神戸方面にも出ることができる交通の便の良さが大きな特徴の一つである。近年は隣接する大津市以上のスピードで都市化が進む、注目の都市である。平均坪単価は約37万円とされており、不動産を取得しやすい価格となっている。草津市は琵琶湖に代表される豊かな自然と都市機能が、ほどよく充実した過ごしやすい街である。矢橋帰帆島の公園をはじめとする憩いの場も多い。さらに、草津宿本陣などの歴史を感じるスポットも多く、様々な楽しみ方ができるのもこの街の特徴である。不動産の取得にあたって、南草津エリアを検討しないわけにはいかない。草津市は2014年に、住みやすさが西日本で1位になったこともあるくらい環境の良い街である。子育て世代には特に、不動産を購入する価値のある都市となっている。今後も開発が進み、地価も上昇する可能性も高い。検討するには一刻の猶予もないくらいなのだ。不動産の購入を検討しているなら、すぐに物件探しを始めよう。実際に不動産会社に足を運ぶのが一番だが、忙しい人はインターネットを活用すると良いだろう。

間取り図と模型

住みたい街にこだわろう

湘南にこだわりの住まいを持ちたいのならば注文住宅を考えましょう。立地を第一に考える事ができ、その土地の中で最大限自分に合う間取りを設計施工業者と共に考案していくことができます。高齢になった時も考慮して中長期に計画を練りましょう。

間取り

家を購入するときは

京都に家を建てるときに住みやすさを重視するなら、注文住宅がおすすめです。親切なスタッフが働く会社に依頼することで、自分に合った家を購入することができます。どんな家を建てる会社なのか調べることも大切で、自分が住みやすいと感じる建物を作ってくれるところに依頼してください。